Blog&column
ブログ・コラム

税理士と顧問契約は結ぶべき?

query_builder 2021/01/22
コラム
agenda-agreement-business-businessman
今回は、税理士との顧問契約についてお伝えします。

税理士と顧問契約を結ぶと、どんなメリットとデメリットがあるかについても触れていますので、是非このまま読み進めて下さい。

▼税理士と顧問契約は結ぶべき?

まだ事業規模が小さい場合は、無理に結ばなくても大丈夫な場合もあります。しかし、売上が1000万円を超えるようであれば多くの場合、結ぶべきでしょう。

▼税理士と顧問契約は結ぶメリットとデメリット

税理士と顧問契約は結ぶと、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。下記にまとめました。

■税理士と顧問契約は結ぶメリット

税理士と顧問契約は結ぶメリットは、経理や税務申告業務を税理士に任せて業務に専念出来る事です。

苦手な事を頑張るより、得意な事で結果を出した方が売上はあがるのではないでしょうか。

■税理士と顧問契約は結ぶデメリット

税理士と顧問契約は結ぶデメリットは、顧問契約に際して費用がかかってしまう事です。

しかし、税理士に支払うコスト以上の売上を本業で上げられれば雇用契約を結ばない理由は無いのではないでしょうか。

▼まとめ

今回は、税理士との顧問契約についてお伝えしました。税理士と顧問契約を結ぶ事で、業務に専念する事が出来るようになります。

事業規模が大きくなってきたら積極的に検討するべきでしょう。

田口智弘税理士事務所では、税務に詳しい経験豊富な税理士が対応させて頂いております。

税理士の顧問契約について検討されているならお気軽にご相談下さい。

NEW

  • 今年も年末調整の講義を行います。

    query_builder 2020/09/17
  • 会社設立の必要書類ってどんな物?絶対に必要な書類について

    query_builder 2020/09/07
  • 会社が利益拡大をするにはどうしたらいい?押さえるべきポイントとは

    query_builder 2020/09/07
  • 経営計画書の作成の仕方とは?経営計画書にはどのような種類がある?

    query_builder 2020/09/07
  • 事業計画書の作成の仕方とは?絶対に入れないといけない項目とは?

    query_builder 2020/09/07

CATEGORY

ARCHIVE