Blog&column
ブログ・コラム

会社設立の費用はどれくらい?どんな物に費用がかかる?

query_builder 2021/03/01
コラム
yen_telephone_pick_up_the_phone_don_financial_japan_notes_japan_currency_bills-552127

会社を設立するにはどれくらいお金がかかるか気になりますよね。

そこで今回は、会社設立の費用についてお伝えします。どんな物に費用がかかるかについても触れていますので、是非最後までご覧下さい。

会社設立の費用はどれくらい?

会社設立の費用は、会社の形態によって違います。また、専門家の力を借りるかどうかでも費用は違ってきます。

会社設立の際にはどんな物に費用がかかる?

会社を設立する際にはどんな物に費用がかかるのでしょうか。下記にまとめました。

■株式会社を設立する際の費用

株式会社を設立する場合、謄本代2冊で約2,000円、公証人手数料5万円、印紙代4万円がかかりますが、電子認証をしたら、印紙代が不要な為5万2,000円になります。

登録免許税は印紙代15万円と、資本金の1,000分の7の金額が15万円を上回る場合は上回った金額が必要です。

■合同会社を設立する際の費用

合同会社を設立する場合、謄本代、公証人手数料が不要なので印紙代の4万円だけが必要になりますが、電子認証をすれば印紙代が不要になるので0円になります。

登録免許税は印紙代6万円と、資本金の1,000分の7の金額が6万円を上回る場合は上回った金額が必要です。

■その他

登記簿謄本代1通600円と印鑑証明書代1通450円がかかる場合があります。

▼まとめ

今回は、会社設立の費用についてお伝えしました。株式会社を設立する際には30万円程かかります。

資本金が潤沢な場合は、もっとかかる場合があるので専門家に相談しましょう。

田口智弘税理士事務所では、会社の設立の手続きに詳しい税理士が揃っています。

どうやって会社設立をしたらいいか難しく感じている方はお気軽にご相談下さい。

NEW

  • 今年も年末調整の講義を行います。

    query_builder 2020/09/17
  • 相続税を非課税にするにはどうすれば良い?

    query_builder 2020/09/07
  • 相続税の控除額はどのくらい?

    query_builder 2020/09/07
  • 個人事業主でも節税はできる?

    query_builder 2020/09/07

CATEGORY

ARCHIVE